注文住宅を手掛ける代表的な会社!依頼する前に知っておきたいこと
ロゴ

注文住宅を依頼できる会社の種類!特徴を比較してみよう

資金計画を立てよう!

注文住宅で家を建てるためには、多額の資金が必要となります。そのため、注文住宅を建てることを予定した時点で、資金計画を立てて予算を決めておきましょう。

注文住宅を建てるまでの流れ

見積りを依頼する

ネットなどで情報収集を行ない、気に入った建築会社が見つかったら、概算見積もりを依頼しましょう。概算見積もりにてお客様がご納得頂けたら契約に移ります。

請負契約を結ぶ

建築会社と請負契約を結びます。契約に必要な書類は本人確認書類、収入証明書など様々なものがあります。工事内容やプラン、重要事項を確認した上で契約書にサインしましょう。

工事が開始される

注文住宅を作るための工事がスタートします。工事では近隣住民に迷惑がかかることも多いので、着工前には挨拶回りは済ませておきましょう。また、必要であれば、地縄張りや地鎮祭を行なうといいです。

工事が終了し、引き渡しへ

建物が完成したら営業担当者や工事責任者と共に、竣工検査を行ない問題がなければ引き渡しを受けます。その後、完了検査済証と保証書を受け取り、入居したい日時に引っ越しを進めてください。

注文住宅を手掛ける代表的な会社!依頼する前に知っておきたいこと

部屋

注文住宅を依頼できる会社

注文住宅を建てるためには、理想の家の設計から施工まで承ってくれる会社を選ぶ必要があります。注文住宅を依頼できる会社には、「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」の3つの会社が代表的です。他にも受けてくれる会社はいくつかありますが、依頼するときはこの三つの会社から選ぶといいでしょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、設計から施工までを一貫して行なうところも多く、コスト削減がしやすいということが特徴的です。また、ハウスメーカーでは自社で独自の長期保証制度を設けているところも多く、注文住宅に万が一のことがあっても安心です。京都では注文住宅においてハウスメーカーが一番選ばれています。

工務店

工務店は規模が小さいものの、使用やプランの制限がないことが多く、敷地の条件やクライアントの条件に合わせた住宅作りに対応してくれます。柔軟な対応でいえば、どの会社よりも優れており、叶えたいこだわりが具体的にあるご家庭にとって工務店は非常におすすめできます。

設計事務所

設計事務所は名前の通り、設計に特化している会社のことでデザインや住み心地にこだわった住宅を作りやすいです。施工自体は設計事務所が行なうわけではなく、工務店やハウスメーカーに委託することが一般的です。そのため、他の会社よりコストが増える可能性もあります。

じっくりと比較するべき

どの会社に依頼するか決めるときは、様々な条件や工事費を比較しながら決めるといいでしょう。

広告募集中